クレジットカードの審査をクリアしたのに利用停止になってしまう場合とは

クレジットカードの審査にクリアしたのにも関わらず、クレジットカードが利用停止になってしまうという時があります。

急に持っているクレジットカードが使えなくなるわけですから、驚くことと思いますが、利用停止になった時には必ず理由があります。

利用停止の原因としては、クレジットカードの利用限度額を超えてしまった場合や、延滞が起きている時、そして、不正利用だと思われた時です。

クレジットカードが本人の物である場合、不正利用を疑われることはありませんが、急に大きな買い物をした場合や、同じものを大量に購入した時など、不正利用と思われがちです。

その場で買い物ができたとしても、後日クレジットカード会社から、確認の電話があることもあります。

自分自身で使いすぎてしまって、利用停止になってしまった場合、ブラックリストと呼ばれる個人信用情報に記載されることになりますから、新たに違う会社でクレジットカードの審査をしようと思っても審査をクリアすることはできません。

現在複数のクレジットカードを保有しており、1枚が利用停止になった場合、残りのクレジットカードを利用できる場合もありますが、クレジットカードの更新となる時までに、利用限度額を超えてしまったクレジットカードの返済を綺麗にすることができていれば、更新は可能となりますが、返済に滞りが生じて居ると、他社のクレジットカードであっても、更新されない場合もありますので注意しましょう。