クレジットカードの不正利用に気をつける

クレジットカードは番号で管理されています。

そのため、クレジットカードに書かれている番号をどこかで他人に知られてしまうと、不正利用されてしまう可能性があります。

最近ではネットショッピングを行う人が多くなっているため、クレジットカードの番号を入力する機会が多いのですが、入力して店舗へ送信する間に情報を読み取られてしまい、身に覚えがない請求がくることもあるのです。

一昔前の不正利用としては、お店でクレジットカードを提示した時に、スキミングと言う方法で、クレジットカードを機械にスキャンすることで、情報を読み取り、新たに同じクレジットカードを作るということも行われていました。

もちろん犯罪ですし、クレジットカードを使ったお店でスキミングされたことがすぐにわかってしまいますから、警察に捕まります。

お店の信頼がなくなるだけではなく、そのお店自体も営業停止になってしまいますから、最近ではスキミングを行うような手口はほとんどなくなりましたが、クレジットカードの不正利用はまだまだたくさん行われていますから、注意しなければいけません。

不正利用されてしまったことに気が付いた時には、すぐにクレジットカード会社へ連絡をしましょう。

保険の適用となりますから、不正利用された分の支払いはしなくても良いことになっています。

自分自身では防ぎようがないことなので、注意することとしては、クレジットカードの審査にむやみやたらに申し込みをして、クレジットカードを複数枚作らないこと、そして明細を毎月しっかりとチェックすることです。