クレジットカード発行の際、注意すること

クレジットカードの審査にクリアするためには、何点か注意しなければいけない点があります。

その注意点を知っておくと、クレジットカードの契約ができないという事も少なくなりますので、是非チェックしてみてください。

まずは、持家か借家か、どちらが審査にクリアしやすいかと言うと、持家となります。

借家であり、住所が転々としている人の場合、いつ引越しをするかわからず、借り逃げされてしまった時に、お金を回収するのが困難になることが予想されるため、持家の方が契約しやすいとされています。

借家であっても、居住年数が長ければそれだけ信頼度が増しますが、持家の方がクレジットカードの発行には有利になるでしょう。

同様に、家族がいるか、同居人がいるかどうかでも、クレジットカードの審査は異なります。

一人暮らしよりも、家族や同居人がいた方が、借り逃げされにくくなるため、家族がいる方が、契約は通りやすいでしょう。

その他にも、同時期にクレジットカードやカードローンなど、お金を借り入れすることができるカードを複数の会社へ申し込みをしている人の場合にも、契約が不可となる場合があります。

一気にお金を借り入れて逃げてしまう人もいますから、複数のクレジットカードの申し込みは出来ない場合が多くなっていますので気を付けましょう。

フリーターよりも正社員の方が審査はクリアしやすくなりますし、お金を回収できるかどうかがクレジットカードの発行の基準となりますので契約の前に自分自身でチェックしてみると良いでしょう。

人気があるクレジットカードは審査があるのか

人気があるクレジットカードにも必ずクレジットカードの契約をする際には審査があります。

審査の内容は、ランクによって、変わりますが、一般的なランクのクレジットカードであれば、どこのクレジットカードでも審査内容はほぼ同じです。

ポイントがつかず、学生やバイト、パート向けとしたクレジットカードの場合、若干審査にクリアしやすいということもありますが、特典となる物が何もないため、クレジットカードを利用するのであれば、特典を大いに生かすことができるような物を選びましょう。

特に人気があるクレジットカードは、ポイント還元率が非常に良いクレジットカードとなっています。

永久不滅でポイントを貯めることができるようなクレジットカードもありますが、還元率をチェックし、還元率が高いクレジットカードを選ぶことが大切です。

年会費無料でありながら、契約をすることで商品券やポイントを数千円から数万円もらうことができるようなクレジットカードも非常に人気が高い傾向です。

お勧めとしては、長い期間使うのであれば、契約した時にお金をもらうことができるようなクレジットカードよりも、ポイント還元率が高いクレジットカードの方が良いでしょう。

契約した時にもらうことができるお金は一度きりとなりますから、その後ポイントを貯めていく予定であれば、ポイント還元率が高い方が確実にお得なのです。

大手であるクレジットカード会社は比較的ポイント還元率も高く、契約することでポイントがもらえるというダブルの特典が付いている物もありますからチェックしてみましょう。


資料を多くもらって比較しよう

クレジットカードにつきましては、いろんなものがありますので、できるだけ多くの資料を請求して、じっくりと比較をおこなっていきましょう。

比較をすることによって、自身の生活の中で有効なクレジットカードがどれかということを絞り込むことができるのです。

もちろん、クレジット機能自体のことも支払手数料や会費のことにつきましても調べるわけです

クレジットカードの付加機能にはどういったものがあるかということを口頭で説明をされたとしても、あまり理解できていないこともあります。

そのためにいろんな資料をもらって、クレジットカードの比較を客観的に行うことがとても重要になるのです。

資料を多くもらうことで、いろいろと邪魔になると思う方はクレジットカードのサイトを見ていただければ、それぞれのクレジットカードの特徴が紹介されております。

また、気に入れば、サイトから直接クレジットカードの申し込みもできるようになりました。

サイトを利用するのも資料をみるのもそうなのですが、時間をかけて比較をおこなっていくことでクレジットカードを無駄に作ることも減ります。

それだけに会費という負担も軽減することができるはずです。

話だけ聞いた場合には、勢いに押される形となってしまい、なにも比較することもなく、クレジットカードを作ってしまうことになりかねません。

話を聞いたとしても、資料をもらって後から慎重に比較して検討を行ってください。


すぐに決めないことがクレジットカード選びには必要

何度も述べておりますが、クレジットカードを作るかどうかはすぐに決めないようにしましょう。

じっくりと比較して検討して自身の利便性にかなったクレジットカードを選んで行くことが必要であると感じます。

自身の利便性ということにおきましては、通勤もそうですが、買い物先の利用頻度も含まれます。

会費がいらないということや、分割払い、リボ払いの方法の選択肢の多様性ということも利便性を図るための指標になります。

利便性を図る指標があれば、クレジットカードを作る前に比較して、絞り込むこともできます。

これだけは確実に言えることとして、無駄なクレジットカードを持つこともありません。

無駄なクレジットカードをなくし、自身の利便性において、クレジットカードとして使うだけ以上の付加価値を生かした利用ができるのではないでしょうか。

クレジットカードを絞ることは現金の使い方を整理することにも結びつくことではないでしょうか。

もちろん、キャンペーンはクレジットカードを作るきっかけにはなるかもしれません。

しかしながら、クレジットカードは焦って作る必要はないものであります。

ネットショッピングでの買い物を中心にクレジットカード払いをメインとする支払い方法が主流になっていることもあります。

すぐにクレジットカードを持たなければならないという心理に駆られます。

だからこそ、これなら使えるクレジットカードだというものを比較して、吟味した上で決めていただきたいのです。

クレカ選びの比較方法について紹介してきましたが、こちらのサイト(金利が安いマイカーローン)でマイカーローン比較の方法についても紹介しています。

自動車購入の際は参考にして下さい。